English | 組織・器官形成分野 | iBone | プロジェクト | 生理学 | 複雑系生物学 | 日記業績

Life in Bone, Life with Bone, and...Life from iPS.
岐阜大学大学院医学系研究科 組織・器官形成分野 手塚研究室

「みんなで見る夢は現実になる(by オノヨーコ)」

しずいちゃん

大学院入試や研究室に関する情報は医学部ホームページ(募集要項)と組織・器官形成分野HPをご覧下さい

大学へのアクセス:研究室は大学病院南隣の医学部棟4階(4S31)にあります


わたしたちの現在の目標は、再生医療の実現です。再生医療実現の基礎となる生命現象において、最も重要な要素が「細胞」と「形」だと思います。近年の生物学は分子の事ばかり論じていて、細胞間相互作用が生命の神秘性を創発することや、その結果として、生命が持つことができる「形」を少し軽視しすぎているのではないかと思います。わたしは、生物を分子の集合体としてではなく、もう少し巨視的な視点から、細胞間相互作用の集合体として見る必用があるのではないかと考えます。細胞と細胞の相互作用の結果が、私たちの持つ「形」なのです。

たとえば、骨はからだの中で、最も「形」との結びつきが強い組織のひとつです。わたしたちは、普段生活している時、骨についてあまり意識しません。東京理科大学で働いていた時に、理工学部の菊池先生とともに、外部の力学環境に適応するという骨の生きた営みをシミュレーションするコンピュータプログラム「iBone」を開発しました。細胞間相互作用をシンプルな数式で表現して、計算機によるシミュレーションで骨の構造をつくり出すという試みをしました。この研究を通じて、センサー/演算子/ネットワークが一体となった細胞が相互作用することで、はじめて生命らしさを発揮できるのだと気づきました。しかし、このプロジェクトを通じて、人の体の神秘に触れてしまい、自分の無力さと愚かさを知ることにもなりました。

再生医療をおこなうためには、良質な細胞資源が不可欠です。細胞というのは、生命現象を支える高機能の分子集合体単位と定義できます。現在は、医療廃棄物である親知らずや乳歯から細胞を取り出して、再利用する研究をしています(しずいちゃん)。たとえば、最近は親知らずが生えてきても虫歯になってしまうことが多い上、前の歯とぶつかって炎症を起こしたりするので、若いうちに親知らずを抜く人が増えています。また、だれもが子供の頃に持っている二十本の乳歯も毎日のように捨てられています。これらの捨てられる歯の中にある幹細胞を有効利用して、創薬や再生医療に役立てる方法について、現在精力的に研究を進めています。

近況:昨年は、歯髄細胞をめぐる状況が大きく変化しました。そんな変化の中で出港した岐阜大学しずい細胞プロジェクトは、細胞提供者の権利保護と個人情報管理をタスクとして、研究機関への細胞提供をめざします。生命の神秘性は、細胞になっても微妙な「個人差」をもっている点にあらわれます。同じ日本人、同じ親知らずから採取しても、それぞれに実に興味深い個性があります。細胞が増える能力が違います。iPS細胞になる効率にも差があります。脊髄損傷を治療する効果もさまざまです。これらの個人差を無視して規格化することばかりを目指しては、再生医療は実現できないでしょう。岐阜の美濃加茂というところに山川老師という和尚様がおり、縁があってお知り合いになることができました。ひとりひとり持つ個性の差に優劣をつけて、エリート細胞として提供する行為が、果たして良いことなのか考えされられました。自分がこの仕事において果たす役目とは何なのか。日々悩む今日このごろです。


手塚研究室で行われている研究プロジェクト

私たちの研究の概要を紹介します。シミュレーションから親知らず歯髄幹細胞バンクまで、幅広いテーマが存在します。


iBone

iBoneは、東京理科大学の菊池先生と共同で作った骨の形態シミュレーションです。複雑な構造を持つ骨の形状を力学環境ごとコンピュータで再現して、医療への応用を目指しています。あまりにも深くはまりすぎて体調を壊してからは、本当に調子の良い時だけやっております。発案から15年経った今でも、問い合わせがあり、未来を目指す新しい種類の研究として育てて行きたいと思っています。


生理学のページ

以前、理科大基礎工学部で担当していた生理学の授業のために作ったページです。思えば、この講義で生理学を分かりやすく教えるために、コンピュータシミュレーションを作ったのが、iBoneのはじまりでした。


複雑系の生物学

東京理科大学生命研で多田富雄先生に出会った事が、複雑系に興味を持つきっかけでした。生物は複雑に見えますが、生物を構成する要素は、遺伝子を含めてむしろシンプルなのではないかと思います。


けんのひみつ日記

研究者は研究の事だけ考えていれば良いと言う時代ではありません。ひとりの科学者として生きて行く上で、いろいろな事を考えたり、苦しんだりします。そんなよしなし事を、書き連ねています。


いろいろリンク

岐阜大学医学部 科学技術振興機構 学術振興会 厚生労働省 サイエンスポータル Osteologia Visible Human Project Skeletal Gene Database 理科大生命研